So-net無料ブログ作成
検索選択

毒舌キャラなのに人気のあるマツコ・デラックス!!ネットで炎上しない訳!! [エンタメ]

 13日に発表された『タレントイメージ調査2015』というもので好きな男性タレント第1位に輝いたのは、阿部寛(50)さんでも福山雅治(46)さんでもない意外性抜群な人物だった。なんとマツコ・デラックス(42)が選ばれたのだ!!

 4月に入ると3本の新番組が決まっているようで、計9本ものレギュラー番組を持つことになるマツコ。出演番組は軒並み視聴率が上昇するとも言われているし、月曜日から土曜日まで“夜のお茶の間”を独占している。毒舌キャラとして珍しい。なぜここまで人気があるのだろうか。テレビ局で働くスタッフAさんはこう語る。


 「マツコさんの発言は、すべて自分がその場で実感した“生の言葉”です。台本も用意するのですが、必ずと言っていいほどその通りには話してくれません。それでも局としては、安心感を持って起用できます。何故なら“炎上”しないから。実は、マツコさんが色々と叩くのは強者だけ。弱者には優しいんです。だから、決して上から目線にならない」

マツコ・デラックス 毒舌キャラ.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2142226889917785201/21...より引用


 小学校のころから、マツコはセクシャルマイノリティだったようで、94年にゲイ雑誌『バディ』(テラ出版)の編集者として働いた後は、パン工場や建設現場で働いた経験もあるそうだ。『バディ』に復職してから4年間務めたが、やがては退職した。その後、2年にも及ぶひきこもり生活を送っていたそうだ。だからこそマツコの発言は優しく、社会の矛盾に対して臆することなく怒りを露わにするのだ。


 「上司にこびへつらうスタッフには情け容赦ないほど厳しい。でも現場で人知れず頑張っているADには『よくここまで調べてきたね』と褒めてくれる。お祝い事があるとポケットマネーで5万円や10万円のご祝儀をくれたりもする。そんな器の大きさがある人です」と別のスタッフの人は教えてくれた。


 現場でもマツコは「汗をかいて調べること」とスタッフに言い聞かせている。自身もまた調べることに並々ならぬ情熱を持っていたらしい。別のテレビ局スタッフのBさんはこう語る。

 「マツコさんは、お金のことで文句を言いません。ギャラは1本30万円ほど。これはひな壇クラスとしては、破格の安さです。そんな状況でも、マツコさんは衣装をいつも自腹で作ってきます。『ギャラが全部、衣装代に消えていくわよ!』と嫌みの一つも言われていますが(汗)」


 加熱していくマツコの人気。テレビウォッチャーの堀越日出夫氏は、こう分析している。


 「マツコさんは“最強の素人”です。自分の人気を過信しないところがあって『この人気もいつまで続くかわからない』と冷静に見ている気がします。だからこそ、体制におもねらない本音の発言ができるのでしょう。最近は何でもズバズバ言わなくなって、一瞬考えてから発言するようになった。つまり、マツコさんは今なお進化しているのです」と。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。